冬の高速道路に注意:鳥取・米子の板金塗装ダイケン

よくあるご質問

スノボやスキー。冬の遊びに車で行く人たちへ


冬本番になりましたね。
スノボやスキーに出かける人も多いのではないでしょうか。

車で冬の遊びに行く人に、一つ大きな問題が立ちはだかります。
それが、『雪道』『冬の高速道路』です。

普段雪の少ない所に住んでいる人たちが、遊びのために雪山に行く。
その時に通るのが『雪道』で、そこにたどり着くまでに通るのが、『冬の高速道路』です。

『雪道』を通る時の注意点はまた別記事に譲るとして、今回は『冬の高速道路』をテーマにしていきたいと思います。

分かりにくいアイスバーン(路面凍結)に注意!


夜に気温が下がって、溶けた雪などが薄く路面に膜をはった状態をアイスバーンといいます。
特に怖いのが、『ブラックアイスバーン』。パッと見ただけでは凍結していることがわかりにくく、ブレーキをかけても止まらないときに初めて気づく、恐ろしいアイスバーンです。

キラキラ光るアイスバーンや霜を踏んでいるようにバリバリと音が鳴るタイプのアイスバーンだと、「アイスバーンだな、気をつけよう」と思うのに対して、『ブラックアイスバーン』は光もせず、音も鳴らず、だからこそ気づかず普通に走ってしまいます。そして止まりたいとき、曲がりたいときに、ただただスケートリンクのように慣性の法則で滑ってしまうのです。

凍結をしやすい日陰や橋の上、トンネルの出入り口などは特に気をつけて運転をしましょう。

高速道路のチェーン規制に注意!


チェーン装着車以外の通行が規制されているの気が付かず、チェーンも持たずに「冬用タイヤで大丈夫でしょ」と雪山に向かうのは危険です。規制が敷かれていると、そこから先に進むことが出来ず、目的地までたどり着けない可能性があるからです。

もっとも、雪山に向かうのにチェーンを持たないというのは考えにくいことかもしれませんが、あたたかい地域に住む人たちにとっては、『チェーン』は忘れやすい装備になるのです。日常的に冬の間でも『冬用タイヤ』すら装備していない人たちが蔓延しているような地域だと、雪山に行く際にも、冬の高速道路の恐ろしさやチェーン規制のことが頭からすっぽり抜け落ちていることがあるものです。

年に数回しか行かない雪山遊び。慣れていない『その一回』がとんでもない大事故につながることがありますので、チェーンをちゃんと装備するなどの基本的な防御は、忘れないようにしたいものです。

ちなみに、冬用タイヤは4輪共に装備しておかないと、効き目がほとんど無いことがわかっています。くれぐれも、「駆動輪にだけつけておけばいいや」とかいう安易な事はしないでくださいね。

冬の高速道路を走る時には


まず、冬用タイヤ(4輪とも)とチェーンは必須です。

そして、解氷材も持っておかなければなりません。
冬の高速道路では、極寒、高速走行という事で、雪でも降っていようものならワイパーが着雪で動かなくなってしまったり薄い氷が張ったりしてフロントガラスの視界が悪くなってしまうことは多々あります。

そんな時に便利なのが『解氷スプレー』などです。ワイパーやフロントガラスに吹きかけると、氷を溶かしてくれる優れものです。事故防止のためにも、ぜひ携帯しておきましょう。

天気や道路交通情報はマメにチェック!


冬の高速道路を走るときには、天気予報や道路交通情報をこまめにチェックしておく必要があります。どこで交通規制がかかっているのか、山岳地帯で天候が急変して大雪嵐だとか、ルート変更を余儀なくされることも普通です。

冬の高速道路を走るときには、規制がかかりそうなところや、大雪地帯を通らなければならないといった情報に基づき、迂回ルートを何本か考えておくと、いざ規制がかかった、天候急変といったときに冷静にルート変更ができます。

高速道路に乗るときには、必ず車の雪下ろしをして


高速走行するにもかかわらず、車の屋根に雪をうずたかく積んで走っている車を見かけます。 これは大変に危険な行為です。いつ屋根上の雪がゆるんで落ちてくるかわかったものではありません。
落ちてきた雪を避けようとして、後続車が急ハンドルを切ったとしたら、大事故につながる恐れが大だからです。

そもそも雪道や冬の高速道路で急ハンドルを切ることほど、命に関わることはありません。ご想像通り、路面が滑り、ハンドルがとられ、そこに慣性の法則も加わり、思わぬ方向に車が飛んで行ってしまいがちだからです。

そんな急ハンドルを切らせないためにも、落ちていった屋根上の雪が後続車の視界をふさがないためにも、くれぐれも高速道路に入る前には、車の屋根の雪はきちんと降ろすようにしておいてくださいね。

ダイケンのサービス


ダイケンでは『ガラスコーティング』をオススメしております。
ダイケンのガラスコーティングなら、クルマのボディはつやつや、ピカピカ!汚れもつきにくく、落としやすい!コーティングの耐久性も違います♪
ぜひ、ダイケンで『ガラスコーティング』を試してみてくださいね。

この道40年の『鳥取・米子の板金塗装ダイケン』では、優れた技術と経験でお客様のお車を美しく直します。また、車検や中古車買い取りも行っていますので、お気軽にご相談いただければと思います。
それでは本日も、お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!